ライフサイエンスの広場
ライフサイエンスの広場
トップへ 英語ページへ RSSの取得
政策・予算
研究事業
生命倫理・安全に対する取組
審議会
研究支援情報
イベントカレンダー
ライフサイエンス研究 日本の拠点と世界の状況
キッズコーナー
HOME審議会TOP科学技術・学術審議会 生命倫理・安全部会>第2回(平成17年3月17日)議事次第
審議会
科学技術・学術審議会 生命倫理・安全部会
科学技術・学術審議会 生命倫理・安全部会
特定胚及びヒトES細胞等研究専門委員会 人クローン胚研究利用作業部会(第2回)
平成17年3月17日(木) 13:32~15:50
学術総合センター中会議室1・2
【議 事 次 第】
1. 開会
2. 議事
(1)人クローン胚の取扱いに係る検討について
 1.ヒアリング ・動物クローン個体作出研究の現状
〈角田 幸男近畿大学農学部教授〉
(2)人クローン胚の取扱いに係る検討について
 1.ヒアリング ・組織幹細胞その現状と限界について〈岡野 栄之委員〉
(3)人クローン胚の取扱いに係る検討について
 2.主な検討事項と検討の進め方について
(4)その他
3. 閉会
【配 付 資 料】
資料2-1 科学技術・学術審議会生命倫理・安全部会特定胚及びヒトES細胞研究専門委員会人クローン胚研究利用作業部会(第1回)議事録案
資料2-2 動物クローン個体作出研究の現状、特に家畜を中心として(角田幸雄近畿大学農学部教授提出資料)
資料2-3 組織幹細胞その現状と限界について(岡野委員提出資料)
資料2-4 人クローン胚研究利用作業部会の検討の進め方について(第1回資料の資料1‐4と同じもの)(※(第1回)議事録配付資料へリンク)
資料2-5 主な検討事項と特定胚指針等との関係について
資料2-6 ヒト胚に係る生命倫理面での主要先進国の取組み状況
資料2-7 人クローンに関する国連宣言の採択について
   
参考資料