ライフサイエンス
	の広場 生命倫理・安全に対する取組
ライフサイエンスの広場 生命倫理・安全に対する取組
トップへ
ライフサイエンスにおける 生命倫理に関する取組
 
ライフサイエンスにおける 安全に関する取組
科学技術・学術審議会 生命倫理・安全部会
リンク集(一覧)
ご意見募集(パブリックコメント)
個人情報保護法等の改正に伴う研究指針の見直しについて(説明会資料)
ライフサイエンスの広場
HOME安全に関する取組>ナチュラルオカレンスについて
 
 
カルタヘナ議定書において、伝統的な育種及び選抜において用いられる技術はその対象としないとされていることを踏まえ、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律施行規則」(以下「規則」という。)第2条では、いわゆるナチュラルオカレンスやセルフクローニングについて、カルタヘナ法の対象外としています。

規則第2条に該当するか否かの判断には、明確な科学的根拠が必要ですが、その際には、以下のような知見に基づき判断する必要があります。
① 査読のある論文に公表されている
② ①以外であって、国内外の学会のポジションペーパー等複数の専門家により科学的な根拠のあるものとして紙面にまとめられていること
③ 国の審議会、検討会等において、複数の専門家によりコンセンサスが得られていること

なお、現時点では、判断事例が少ないため、個別判断については関係省庁に照会されるようお願いします。
 
  戻る