ライフサイエンスの広場 生命倫理・安全に対する取組
ライフサイエンスの広場 生命倫理・安全に対する取組
トップへ
ライフサイエンスにおける 生命倫理に関する取組
 
ライフサイエンスにおける 安全に関する取組
科学技術・学術審議会 生命倫理・安全部会
リンク集(一覧)
ご意見募集(パブリックコメント)
ライフサイエンスの広場
HOME>安全に関する取組
ライフサイエンスにおける 安全に関する取組
 
遺伝子組換え実験
 
お知らせ
 
遺伝子組換え生物の第一種使用等、第二種使用等について
 
 
 
 
 
 
 
 
 
研究分野での第一種使用等
14ページに遺伝子組換え体でない植物との交配を行う場合について追記しました(R4.1)
研究分野での第二種使用等
21ページからの「(2)確認申請書記載のポイント(記載例)」を更新しました(R4.6)
その他 (第二種使用等)
研究開発二種省令に規定された語句などの範囲を明確にしたもの。
遺伝子組換え実験に関する様々な疑問・悩みへの回答。
P1、P1Aといった拡散防止措置の項目をチェックリスト化したもの。
説明会資料等
過去に起きた法令に基づく不適切な事例から、特に気をつけるべき点を学ぶ。
 
 
 
カルタヘナ法について
     
 
リンク集
 
ご意見
 
 
 
 
ご意見募集(パブリックコメント)
ご質問
お問い合わせ先
〒100-8959
東京都千代田区霞ヶ関3-2-2
文部科学省研究振興局ライフサイエンス課
生命倫理・安全対策室
「遺伝子組換え実験担当」宛
電話:03-5253-4111(代表)
E-mail:kumikae☆mext.go.jp(☆を@に置き換えてください。)
注)新型コロナ感染症拡大防止の体制のため、当面の間、お問合せは、至急の場合を除いてメールでお願いいたします。
ご理解・ご協力のほどお願いいたします。
注)令和4年1月4日以降、当省とのメール送受信の際に添付したファイルは自動的にクラウドストレージサービスBoxに保存される仕組みに変更となります。
メール受信の際は、添付ファイルのかわりにメール本文中にダウンロードURLが記載されますので、記載のURLからファイルをダウンロードいただきますようお願いいたします。
(メール送信の際は、従前どおりメール中にファイルを添付ください。)
なお、以下のお知らせ(※)を御覧いただき、事前にBoxへ接続が可能かどうかの御確認をお願いいたします。
(※)文部科学省における添付ファイル付きメールの運用に関するお知らせ
       
 
ゲノム編集技術関係
 
基本情報
「研究段階におけるゲノム編集技術の利用により得られた生物の使用等に係る留意事項について」の別紙様式の改正についてを掲載しました。
 
通知文等

 
 
開放系における使用等(拡散防止措置の執られた施設以外での使用等)
令和3年9月22日
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(アラニンアミノ酸転移酵素を改変した穂発芽耐性コムギ)
令和3年6月29日
国立大学法人東京大学(フロリゲン遺伝子をゲノム編集したイネ変異体群)
令和3年4月5日
国立研究開発法人理化学研究所(SGA低生産性ジャガイモ)
注1)個人情報や公表された場合に特定の者に不当な利益又は不利益をもたらすおそれのある情報を除く。